« 寒殺および熱殺 | トップページ | 言葉というものにあやつられる »

2012年6月26日 (火)

がんばるとか、努力するとか言ってきたけど・・・

藤原和博さんの『坂の上の坂』という本を読みました。
この本は、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』を下敷きにしている本です。
司馬さんの本は、明治維新から日露戦争までの日本人の頑張りを描いています。
日本という国家の青春時代を描いた小説です。

藤沢さんの本は、ちょっとひねりが入っています。
つまり、頑張って頑張って、坂を上っていって、
ようやく坂の上から望むと、ロマンの雲が空にかかっているのではなく、
その先にはまだ上り坂が続いていたということを表しています。

『坂の上の坂』のなかで、藤原さんは、日本人の遺伝子には頑張る教が
刷り込まれているという趣旨のことを書かれています。
西洋文化を取り込み、追いつき、追い越すためには
国民あげての努力とか頑張りとかが必要でした。

自分の子供時代を振り返ってみても、
努力すること、頑張ることは、疑いようのない「正しい価値観」でした。
たぶん現代においても、あらわには意識されないにせよ、
その価値観が、日本人の本能に刷り込まれていると思っています。

昔からあるジョークに、こんなものがあります。
浜辺で一日のんびりとくつろいでいる男がいました。
そこへビジネスマンがやってきて、一所懸命に働くことを勧めます。
浜辺の男は、聞き返します、何のために苦労して働くのか、と。
ビジネスマンは、社会で成功を収め、高い地位を得て、
高い報酬が約束された生活を得るためだと答えます。
浜辺の男はふたたび聞きます、
その生活はなんのために手にするのか?
するとビジネスマンは、成功の先にある生活のイメージを考えたことが
なかったことに気がつきます。
そうだね、のんびり一日浜辺で海でも眺めていようかな・・・

頑張る教は、日本の社会が高度成長するにも、
とても威力を発揮しました。でもその先の幸福については、
あまり問うたことはないのです。
何のために頑張るのか?
まあ、努力していれば、きっといいことがあるさ・・・
そんな程度でした。

働くことが自分の目指す目標にリンクして努力している人は、
それで幸福なのです。
でも、なんとなく頑張るとか、とりあえず努力するというのは、
行き先も目標もはっきりしないまま、全力疾走するようなもので、
さあ、自分はどこへ行くのでしょうかと人に聞いているようなもの。

先日ニュースを賑わせた、O真理教の逃亡信徒たちの姿と
どこかダブって見えてしまいます。

日本では、努力とか頑張るとかの言葉は、
ほぼ無批判に受け取られています。
美しい言葉ですらあります。
学校の先生方も、二言目には口にするのではないかと思います。
でもそれは本当に正しいのか。

頑張る教の教義に照らすと、頑張れない自分、努力できない自分は
許されないことになってしまいます。
努力できない自分を責めたり、頑張れない自分を責めるという
自然ではないメンタリティを形成します。
でもこれは自然ではないですね。あるがままではない。
疲れるときもあるし、のんびりしたいときもある。
これらをまず認めた上で歩まなければいけない。

多くの人を苦しめてきた言葉でもあると感じるのです。


にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

« 寒殺および熱殺 | トップページ | 言葉というものにあやつられる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336200/45791529

この記事へのトラックバック一覧です: がんばるとか、努力するとか言ってきたけど・・・:

« 寒殺および熱殺 | トップページ | 言葉というものにあやつられる »

無料ブログはココログ