« 強者と弱者 | トップページ | 虐待による傷あとや損失は、生涯にわたる »

2012年7月31日 (火)

尾木ママ、いじめ問題を語る

7月28日(土)読売新聞記事で、尾木ママこと尾木直樹氏が、
いじめ問題について語っています。
いじめのあった学校の教師の対応について、いかに教師の判断能力が
なかったかを物語る内容です。

『教師の最も重要な責務は、生徒の安全、安心に配慮することなのに、
『けんか』と軽くとらえ、いじめを見過ごすことになったのだから、
罪は重い。』

『自分がやられてイヤなら、遊びじゃないんだ、
これはいじめどころか犯罪なんだと。そのくらいの迫力で、
学校は加害者の子どもにも親にも迫らなければならないんですよ』

言われていることには、全面的に賛成と感じました。
しかし一方で、現実のいじめの実態や、実際の学校の対応とのギャップの広さに、
嘆息してしまいます。現実はその正反対じゃないか・・・?

先生は、いじめの現場で、見て見ぬふりをしたばかりか、笑っていたという
アンケート結果もあります。
いじめの訴えに対して、いじめている側の生徒がいる前で、
本人に「大丈夫か?」と聞いただけだった、という話も伝わっています。

先生側の姿勢には、いじめが表ざたになってほしくない、
そんな思いがありありで、単に感性が鈍くて、いじめに気が付かなかったとか、
知らなかったということではなかったのだ、と思わざるを得ません。
それは校長の記者会見でも、まったく同様の姿勢が見られました。
むろん教育委員会も同様です。

一言でいうなら、いじめに目を背けている学校の姿勢が、
強固に一貫しているということです。
そんな中でいじめ抜かれている生徒さんは、どこにも駆け込むところがありません。
そんな実際の姿が浮かんできます。

尾木氏のいわれている、安全、安心に配慮する姿勢が必要ということは
わかりますが、現実はその正反対です。

どうしてこういうことになっているのか?
先生は、どうしていじめに背を向けているのでしょうか?
知識だけ詰め込めばよしとする姿勢、それ以外の部分では
問題が起きてほしくない、起きても起きなかったことにしたい、
どうしてこのようになっているのでしょう。

ひょっとして、いじめる側の生徒集団を恐れている、
あるいは彼らにおもねているのかもしれません。
学級が自分のコントロール下にないことを
よく自覚しているのかもしれません。

モンスターペアレントの問題が後ろに控えているかもしれません。
実際、加害側の生徒の親が、今回の問題への警察事情聴取にたいして、
強く抵抗しているという報道もありました。
こうなると単に学校内部の問題というより、家庭教育や家庭環境へと
問題が広がってきます。

いずれにせよ先生側の姿勢が、全国の中学校や高校の教育現場においても
共通だとすれば、いじめ問題は全国レベルで発生するだろうし、
(おそらく発生しているのだし)、まったく解決できないことになります。

学校には建前の美しい言葉がたくさん流れているのに、
いじめられた側の生徒さんは、最終的に自殺という解決手段しか
選べないとは、ほんとうに情けのない仕組みです。
大人の責任もものすごく重いといわざるをえません。

表ざたになってもなお、いまだに学校側は自己保身に徹し、
真相の解明に抵抗する姿勢を見せています。
もう自浄能力を失ってしまったように見えます。

教育は国家の基本という理念で、明治以来発展してきた日本ですが、
教育が崩壊すれば、国も衰退するしかないでしょう。
なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。
その根本にある問題は何なのでしょうか。



★最後までお読みいただきありがとうございました。
面白かったとか、そうだったのかへぇーとか、
参考になったと感じられましたら、
ひとつポチッと応援してくださいませ。
これからも元気に記事を書くはずです。
   ↓

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

« 強者と弱者 | トップページ | 虐待による傷あとや損失は、生涯にわたる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336200/46530368

この記事へのトラックバック一覧です: 尾木ママ、いじめ問題を語る:

« 強者と弱者 | トップページ | 虐待による傷あとや損失は、生涯にわたる »

無料ブログはココログ