« こころが苦しくなる発端がある | トップページ | つらい時って、ありますね »

2012年9月25日 (火)

苦しくなる発端 その2

こころの苦しみを生み出すパターンのお話をしましたが、
その続編です。

こんな記事を書いている筆者は、さぞかし心の安定した悟りきった人だろう
と思われるかもしれません。そんなことはなく、ごくごく平凡な悩み多き人間です。

ただ昔ほど、こころの苦痛とか悩みを「こじらせなくなった」のは確かです。
こじらせてしまうと、悩まなくてよいレベルのことまで悩むし、
苦しまなくてよいことまで背負って苦しんだりします。

この「こじらせる」状態とは何か、どういう道をたどって「こじらせて」しまうのかについて、
ちょっとした技を知っているかどうかが、分かれ道になると考えています。

ちょっと複雑な話になりますが、こころの状態は、言葉で規定されています。
こころの中で鳴り響いている言葉というものがあります。
この言葉が、けっこう厄介な存在です。

自分はぜったいこの学校(あるいは試験)に受からなくてはいけない、とか
このライバルに負けない、負ける自分は許せない、とかです。
自分のプライドから、こんな姿は絶対人には見せられない、
というのもあります。

こういう言葉は、自分の努力目標を指し示す言葉でもあります。
自分はこうならなければならないという、頑張りのための文言です。
目標達成という点では、きわめて有効なツールではあります。
でも一方では、自分の考えや感じ方、生き方を縛り付けているとも言えます。
呪縛しているといってもいいかもしれません。

このような文言を長いこと自分に課しているうちに、
ほんとうに自分を縛る呪縛になっていきます。
その文言は、「絶対に」とか、「必ず」とか頭に付くことが多いのです。

すると、絶対の世界になってしまうため、そこから外れることが出来なくなります。
外れた自分は価値がありません。
絶対達成しなければならないことが、結果的に達成出来なかった自分は、
どのような自分になるのでしょうか。
たぶん無価値な自分です。

でもおかしいと思いませんか?
その呪文を決めたのは確かに自分です。
しかし、いまそれを実現できなかった現実の自分もいます。
どうして現実の自分に対して、呪文の方が勝っているのでしょうか。
過去の呪文の方がなぜ正しいのでしょうか?

試験に落ちた現実が目の前にあり、
落ちた自分は無価値だと思い勝ちなのですが、
冷静に考えれば、まず自分がいて、
その次に試験に落ちた事実がある、ということです。
自分の価値には何の瑕も付いていないのではないでしょうか。

呪文はツールでしかありません。
役目が終わったらポイでいいはずです。
本当のものはここにいる自分であり、これからどうしようかという選択です。
こころはその現実の自分に寄り添わなくてはいけません。
こころがその文言の方に呪縛される必要はないのです。

絶対にという言葉が、思わず口をついて出てくるときは、
要注意ですね。



★最後までお読みいただきありがとうございました。
面白かったとか、そうだったのかへぇーとか、
参考になったと感じられましたら、
ひとつポチッと応援してくださいませ。
これからも元気に記事を書くはずです。
   ↓

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

« こころが苦しくなる発端がある | トップページ | つらい時って、ありますね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336200/47207172

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しくなる発端 その2:

« こころが苦しくなる発端がある | トップページ | つらい時って、ありますね »

無料ブログはココログ