« 『毒になる親』を読み返す | トップページ | 達磨さんの逸話 »

2013年3月 2日 (土)

困った人たちには、それなりの対応で

世の中には困った人たちがたくさんいます。
これは長年、人生経験をつんできた者の偽らざる実感です。

自分のことしか考えず、人の迷惑には思いが及ばない人。
すべては自分のために存在し、動いていると勘違いしている人。

もっとも厄介なのは、自分が善人であると自認している人。
善をふりまわす人ほど、危険で、周りへの被害が甚大になることはありません。
ほとんどの争いというのは、善と善とのぶつかり合いに
原因があるといってもいいくらい。

宗教に絡んだトラブルは、まさに正義対正義のぶつかり合いで、
もっとも熾烈だし、残酷な争いです。

困った人たちに遭遇して、こちらに被害が及びそうになったらどうするのか?
これまでの人生で、こちらはあくまで紳士的に、礼儀正しく対応すべきだと
考えてきたし、そうして来ました。

でもこれって間違いだったなと思っています。
ノー天気にいい気になって勝手な振る舞いをしている相手に、
こちらだけ、その傍若無人な振る舞いにじっと耐え、
あまつさえ文句すら言わないというのは
あまりにバランスを欠いています。
・・・そう思うようになりました。

ではその相手にどう対処すべきなのか?
ボクは一回だけ注意し、警告します。
で、それでも改まらない場合は(たいていは改まりませんが)、
もう放っておき、可能な限り近づかないようにします。
身の回りに刃物をまとったような人なんです。
近づけば怪我をします。

で、ついでに思いますね。
誰かがいつかトドメの鉄槌を下すだろうな。
世の中はうまくしたもので、
困った人たちは、それなりの見合った扱いを受けて、
人生を全うするのです。



★最後までお読みいただきありがとうございました。
何がしか感じられることがございましたら、
応援のポチッをよろしくお願いいたします。
   ↓

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

« 『毒になる親』を読み返す | トップページ | 達磨さんの逸話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336200/49761967

この記事へのトラックバック一覧です: 困った人たちには、それなりの対応で:

« 『毒になる親』を読み返す | トップページ | 達磨さんの逸話 »

無料ブログはココログ