« 2013年3月 | トップページ | 2015年8月 »

2013年4月

2013年4月25日 (木)

納骨を済ませた

先の日曜日(4月21日)、父母の納骨式をすませました。
暖かくなってからと考え、この日程を選んだわけですが、
とても冷え込み、かつ雨降りの激しい中での納骨式となりました。

墓地は父が30年位前に購入し、約10年前に墓石を立てたようです。
開いた墓に石材屋が入り、まず母の骨壷を納め、ついで父の骨壷を、
納めました。蓋のような石版を塞ぐようにかぶせて納骨は終了。
そのあと神職が式を執り行いました。

父の残したものは何だったのだろうかと振り返りました。
自分が子供時代のころから借金ばかり作ってきて、
散々苦労させられた記憶があるために、
死後に借金取りがやってこないだろうかという惧れを持っていました。
でもそれはなかったようです。

母が認知症を患い、脳梗塞も併発して寝たきりとなってからは、
毎日のように見舞いに来られていたと
施設の方からいわれました。
罪滅ぼし・・・という言葉がぼんやり浮かんできました。

残された家財を調べてみると、かなり高価な、
一眼レフのカメラが出てきました。
何年か前に、買ったはいいけれど難しくて使えない、
使い方を教えてくれと頼まれたことがあります。
そのとき試しにカメラを向けて撮影した父の画像が残っていました。
けっこう無邪気な感じで笑った父が写っていました。
しかしそれ以降使った形跡はありませんでした。

いま傍らにそのカメラがあります。



★最後までお読みいただきありがとうございました。
何がしか感じられることがございましたら、
応援のポチッをよろしくお願いいたします。
   ↓

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2015年8月 »

無料ブログはココログ