日記・コラム・つぶやき

2010年2月28日 (日)

悲観してはいけない

うまくいかないことばかり、というのがこの世と言ってもいい。思い通りにとんとん拍子で物事が進む経験は、意外に少ないものだ。それでも平然と暮している人たちが大半だ。自分自身、これまでを振り返ってみても、気にもせずに通過してしまったことが多い。その当初、ちょっとイヤな気分になって、そのうち気持ちが紛れ忘れてしまう。

ところが時として、スルリと通過できず執着してしまうことがある。こういうときの考えはろくなことがない。「下手の考え休むに似たり」より悪い。休むならまだいい。それどころか悪いほうにどんどん思考を進めてしまい、夜ひとり悲観的な結論を出し、ああダメだという嘆きに終る。

アラ還にもなっていまだこの呪縛に陥ることがある。でもこのときの考えは捨て去って忘れてしまった方がいい。それはハッキリ言って間違っているからだ。自分をダメだと結論つけることが正しいはずがない。なぜならそこからは、何んにも生まれないから。絶望だけが産み出される考え方や、使ったその頭脳とは、いったい何ほどのものか。

そんな結論を出すくらいなら、もっとマシなことを考えるべきだ。やり損ねた勉強を始める方がよっぽど益になる。人は倒れたままではいられない。よろよろしても立ち上がるようにできている。たぶんそれが与えられたDNAだ。

無料ブログはココログ